• Facebook
  • Bandcamp
  • SoundCloud
  • MAIL
Foureal Records
ARTIST
Hiroshi Watanabe

Artist

Hiroshi Watanabe

ドイツ最大のエレクトロニック・レーベルKompakt唯一の日本人アーティストとしてKaito名義の作品を発表する傍ら、ギリシャのKlik Recordsを拠点としても活動を続けるHiroshi Watanabe。

2002年にリリースされたKaitoの1stアルバム『Special Life』に収録された「Intension」がFrancoisK.のミックスCDに収録されるなど瞬く間に大反響を呼び、10年以上が経過した現在も色褪せることのない名曲として語り継がれている。その後、Kompaktのコンピレーション・アルバム『Total 6』にも収録された表題曲を含む2ndアルバム『Hundred Million Light Years』をリリース。


この2枚のアルバムで一躍Kaitoの名は世界中に浸透し、バルセロナの“Sonar Festival”などのビック・イベントでライヴを披露、屈指のパーティー・アニマル達を熱狂の渦に巻き込んだ。Kaitoのオリジナル・アルバムでは常に対になるビートレス・アルバムも制作され、繊細かつ美しい旋律により幅広い音楽ファンに受け入れられている。3rdアルバム『Trust』に対しての『Trust Less』では更にアコースティックな要素も取り入れ、リスニング機能をより高めた作品となった。

本名のHiroshi Watanabe名義では自身最大のセールスを記録した1stアルバム『Genesis』に続き、2011年に『Sync Positive』を発表。タイトルが示す通り、リスナーを鼓舞させる渾身の作品としてロング・ヒットとなっている。またリミックスを機に交流を深めてきた曽我部恵一との異色コラボレーション・アルバム『Life, Love』ではメランコリックな音像と歌声が溶け合った叙情的なサウンドで新境地を切り拓いている。
1994年からスタートさせたDJ活動は時代の移り変わりと共に2004年にラップトップでのプレイ・スタイルを確立させ、2009年には様々な表現に挑み続けるべくプロフェッショナルDJコントローラー「TR-1」をVestaxと共同開発。後に現場での感覚を経て「TR-1 MKII」へとアップグレードさせている。一方、ニューヨーク在住時代に出会ったグラフィック・デザイナー、北原剛彦とのダウンテンポ・プロジェクトTreadでは、シンプルで柔らかい上音と乾いたビートの融合を絶妙のバランスで確立し、ハウス、テクノ、ヒップ・ホップなどジャンルの壁を越えて多方面から注目を浴びることに。レーベルnormから限定生産された5枚のアルバムと4枚のEPは不変の価値を持つ名盤として知られている。最新作は2012年5月にリリースされたHiroshi Watanabe名義による珠玉のDJミックス『Contact To The Spirits 2』。

http://www.hiroshiwatana.be

RA: Resident Advisor



- Back to List -    Next >

ARTIST Naohito Uchiyama

Artist

Naohito Uchiyama

優美な旋律と独自のファンクネスが生み出すグルーヴが絶妙な割合で配合される有機的なプロダクションやDJプレイで、札幌を中心に活動するプロデューサー、DJ。

北海道の田舎町で幼少期から祖父や両親の持つ和楽器やレコードコレクション、オーディオシステムに触れて育ち、和太鼓のレッスン等を通して音楽的素養を培う。

11才よりブレイクダンスを始めダンスとグルーヴの関係性を体得、14才よりギターの演奏とソフトウェアによる作曲を独学で学び始める。


自らが生まれ育った北海道の自然や宇宙のスケールにしばしば影響を受けるという言葉通り、表現のテーマは常に、生命の絶対的根本と違わず自然との調和である。

2002年1stアルバム"Directions"リリース、2005年ThaBlueHerbRecordingsより12"シングル"Nikisi EP"リリース。
2007年、ドイツStatik Entertainment コンピレーションEP" My Music Is My Space - Chapter 2"に楽曲を提供。
2008年には自身がレジデントDJを努めるSynapseレーベルより"The Sun Also Rises"をリリース。同時に全国18都市、22公演に及ぶライブツアーを行う。

その後、日本唯一のレコードプレスメーカー東洋化成の要望により、ドイツはハンブルグのLawrenceをリミキサーに迎え"Reminiscent EP"をリリース。
Digital配信でもFoureal,Undertoneなどからリリースを重ね、主にドメスティックレーベルを中心に活動。

同じく札幌に拠点をもつレーベルSynapseがオーガナイズするパーティーにてレジデントDJを務め、新たにShohei Takataらと共にパーティー"New Early"を始動し、タフな札幌のクラブシーンにおいて徐々に定着しつつある。

ベルリンやバンコク等の海外都市でもライブやDJを行い、詩人谷川俊太郎、賢作親子とのライブコラボレーションや映像作品、CM等への楽曲提供も行うなど多様な活動を展開している。

http://www.nuscrane.tumblr.com/



< Back    - Back to List -    Next >

ARTIST Birdcage

Artist

Birdcage

2006年頃よりDAWをベースに独学で楽曲制作とエンジニアリングを学び、08年、フランスのBasilic Recordsからデビュー作”Ivory Tower EP”をリリース。
以降次々と発表される楽曲はJohn Digweed、Laurent Garnier、Dubfire、President Bongo(aka Gus Gus)、James Holden、Hiroshi Watanabe(aka Kaito)、Joakim、Pheek、Cio D'Or、Vince Watson、Jesse Somfay、Avus、Kate Waxなど、ジャンルを越えた多くのDJやArtistより称賛とサポートを獲得、ベルリンの音楽情報誌De:Bug Magazineからも一目を置かれ、数多くレビューが紹介されるなど、高い評価を得ている。


2011年6月にリリースされた"Say a little prayer"では、カルト人気を誇るNon Standard Productions主宰、Tobias Freundをマスタリングエンジニアに起用し、ヴィンテージサウンドを追求した楽曲製作を展開。2012年5月にリリースされたHiroshi Watanabe渾身のMix CD ”Contact To The Spirits 2"にも収録され、多方面より注目を集める。また、ドイツの人気デュオKollektiv Turmstrasseの"Schwindelig"をリミックし、Connaisseur Recordingsからリリースされるなど、国内外を問わず多くのリリースを展開中。
今後も、彼のトレードマークとも言うべき"妖しく美しいメロディー"は、ダンスフロアの中でより一層深化していくだろう。

http://www.torikago.org



< Back    - Back to List -    Next >

ARTIST Shohei Takata

Artist

Shohei Takata

新旧様々なエレクトロニック・ミュージックやハウス・ミュージック、そしてミュージック・コンクレートまでもカバーし、独自のバランス感覚とインスピレーションで繋いでいくTrackmaker/DJ。

ハードシンセやガジェット、ノイズ等を用いた即興性の高い緊張感溢れるライブパフォーマンスにも定評がある。


2010年ドイツのStatik EntertainmentよりリリースされたEP "My Music Is My Space -Chapter 4”への楽曲提供。
2011年東京のFoureal Recordsから"Dream Sequence EP"のリリース。
2012年にはNaohito Uchiyamaと共にパーティー"NEW EARLY"を始動。

近年はコンテポラリーダンサーとのコラボレーション、映像インスタレーションへの楽曲提供等、表現方法を拡張しながら活動中。

http://shoheitakata.com



< Back    - Back to List -    Next >

ARTIST Beople

Artist

Beople

Yukifumi Uchidaのソロプロジェクト。

Techno.House.Dub.Electronica.Jazzなどあらゆる音楽要素を取り入れ、独自の旋律と空気感を楽曲というフォ-マットを通して自身を表現するアーティストBeople。


1stリリース「Aperture」、2ndリリース「Nu blood EP」の収録曲が、国内外のアーティストのプレイリストにあがり、近年はLayer Forest 2(AY)の参加や、Antonio Caballeroの主催するParityRecords、Foureal Recordsよりリリースを重ね、リリース以外では、KOMPAKTの提供する提供するSceen FMでのDJ MIXの配信、アパレルブランドThe BeauSnobのMercedes-Benz Fashion Week TOKYOでのコレクションの楽曲制作なども行っている。

http://www.beople.jp/

RA: Resident Advisor



< Back    - Back to List -    Next >

ARTIST Shinya okamoto

Artist / A&R

Shinya Okamoto

1980年生横浜出身
「Foureal Records」A&R

独自の視点から捉え,インテリジェンス性の高いTrackを巧みに紡ぎ合わせ疾走感と高揚感を抱き合わせながら繰り広げられる構成力には定評がある。
叙情的でメランコリックなサウンドから構築される世界観は紛れも無くOne&Only。
刹那さ、儚さ、優しさ、温もりと人間の持ちうる感情に語り掛ける。


都内主要Clubでも数々のレジデンシーを持ち、シーンに置いて中核を担う存在であるのは間違いない。
これまでにReveal、Dial、Cross Linkなど数々のオーガナイズに携わり得た経験は音楽性のみならず大きな礎となる。

そして自身のキャリアの集大成として「Foureal Record」をスタート。
Hiroshi Watanabe aka Kaito、Naohito Uchiyama、Birdcage、ShoheiTakataなど国内アーティストの楽曲を世界基準になった事を証明すべくリリースを重ねる。

音楽性豊かなそのレーベルカラーは彼自身のDJ SETに裏打ちされてると言えよう。
進化と洗練を繰り返し確立したそのSoundは聴く者全ての心に響くに違いない。

http://www.myspace.com/shinyaokamoto


RA: Resident Advisor



< Back    - Back to List -